予備校を選ぶ時は質を重視

カリキュラムの内容を確認しましょう

専門家に教えてもらった方が効率良く理解できるカリキュラムの内容を確認しましょう大人数制か少人数制かは個人の性格や好みによる

アルバイトは正社員よりも安い給料で働いてくれるので、利益を重視したところは講師がアルバイトだらけになります。
利益よりも生徒の合格数を誇りたいところであれば、合格までのノウハウを持った講師を厳選するので生徒の成績が伸びます。
ノウハウを持った講師とは日本でも有数の難関校出身であるという意味ではなく、分かりやすく説明できる講師を指します。
頭が良くてたくさんの知識を持っていても、指導力が無ければその知識を共有することはできません。
生徒の多くは苦手分野を克服するために通っているので、その分野を得意とする人と話すように説明するのは不親切です。
人に伝える能力が高い人が講師としては有能であり、難関校出身という肩書きだけで講師の質を見ないようにします。
次にカリキュラムの内容を確認しましょう。
カリキュラムは授業の方針となるもので、これが生徒に合っていなければ理解度に沿った授業にはなりません。
基礎から固めたいのか、受験に向けた応用問題をこなしたいのかで自分に合うカリキュラムは変わります。
最も良いのは個人に合わせてカリキュラムを自由に作れることですが、複数の生徒と一緒に授業を受けるので予備校では難しいです。

予備校大学受験の予備校・塾 河合塾