辛いもの

【汗の役割と汗が出る理由】

最初に、私たち人間がなぜ汗をかくのかを考えてみましょう。そもそも、汗にはどんな種類があるのでしょうか。大きく分けて以下の三つです。

  1. ①温熱性発汗
  2. ②精神性発汗
  3. ③味覚性発汗

このうち、③の味覚性発汗は辛い物を食べたときにかく汗のことです。

辛いもの

それで、今回は①と②の二種類について注目して考えることにしましょう。

温熱性発汗は、運動をした時や暑いときにかく汗のことで、体温を調整する目的があります。

また精神性発汗に関しては、興奮や緊張することによってかく汗であり、特に手のひらや足の裏などといった局所的な汗を指しています。これは、人が狩りをしていたころの名残であるとも言われ、手足を湿らせることで指の感覚を鋭くし、物をつかみやすくするためだと言われています。

ですから、一般的に私たちが言及する汗をかく理由は、自分の体温を調整するためです。

では、汗にはどんな役割があるのでしょうか。

先ほども考えたように、人間は体温を調節する必要があります。なぜなら、私たちはほとんど体温が変化しない生き物(恒温動物)であり、外気温にかかわらず体温を一定に保つ必要があるからです。

中でも、とりわけ脳は非常に繊細であり熱に弱く、脳内の温度が45度を超えると細胞がダメージを受け、私たちは生命を維持することができません。また、体内の細胞や機関を効率よく働かせるためにも、体温を36度前後に保つのが最も良いとされています。

加えて、私たちが活動するためには、体を動かすエネルギーが必要です。そのため、私たちは食物を摂取します。そして、体内では食物を分解・合成していますが、その際には必ず体内で熱が発生します。こうした熱を処理し体内環境を整えるために、汗が非常に重要な役割をしているのです。

ですから、汗は体外に熱を逃がし体温のバランスを取るために、絶対不可欠な存在であると言えます。