自律神経を正常に戻すにはどうしたら良いのか?

自律神経とは私たち人間が生きるために必要な内臓機能を動かしている神経です。自律神経は自らコントロールすることができません。24時間絶え間なく私たちの体を動かしてくれています。

自律神経は2種類の神経に分かれます。交感神経と副交感神経です。交感神経とは緊張しているときやストレスを感じているときに働きます。副交感神経はリラックスしているときや睡眠時に働きます。この交感神経と副交感神経は両方同時に動くことができず、交感神経が働いているときは副交感神経はお休み、副交感神経が働いているときは交感神経はお休みしています。

この交感神経と副交感神経がバランスよく働いているときは人は元気に健康に生活していけます。しかし、バランスが乱れるとさまざまな支障がでてきます。「汗かきの原因」。これも自律神経の乱れが原因であることが考えられます。
人は外部からの刺激(ストレス)が強い場合、交感神経を強度に使用します。ストレス多い生活が続くと交感神経ばかり働き副交感神経が働けずに自律神経のバランスが壊れます。夜寝ているのになかなか寝付けない、寝たのに疲れがたまっている。これは自律神経の乱れが原因です。この自律神経の乱れが「汗かき」の原因となります。交感神経が強度に働き汗を大量にだすようになります。

自律神経を正常に戻すための対策は身体を休めることです。身体を酷使せず充分な休養が一番の薬です。ストレスを抱えている状態からその反対のリラックスの状態をつくるのがベストです。自分の好きな音楽をきく、マッサージをうける、身体を温める、運動をする、映画をみる、好きなカフェにいく、興味あるボランティアをする、動物と触れ合う、社会活動へ参加する、アロマでリラックスする等、自分の好きなものに焦点をあてて時間を使うように心掛けると自然と自律神経の乱れは改善されてバランスがとれていきます。