太っている女性は不潔に見られがちで残念です。

私は少し太っています。梅雨の時期から真夏、10月頃まで毎日汗ドボドボで何枚も着替えをします。

特に背中の汗と脇汗が凄くて背中には汗疹が毎年出来てしまうので困っています。毎回背中が汗で痒くなってしまうので孫の手は私の必需品。

背中は自分では汗を拭けないし、来ているTシャツに吸わせるしかありません。それでもピタッと背中に張り付いて気持ち悪さが続くんですが、家事が全て終わるまでは我慢して続けます。

顔も汗が滴り落ちてくる程まで汗でいっぱいになり、タオルで拭き取っても間に合わないほどになります。

Tシャツが絞れるくらいに汗をかくと暑さでそれも乾いてきて次に汗臭さが気になってきます。背中は分かりませんが脇汗の匂いが最近は特に気になるようになってきました。女性でこんなに汗をかく自分。外出すると家にいる以上に汗をかくので恥ずかしくてたまりません。

夏はなるべく汗染みが目立たないように薄い色の洋服や透け感のある物を着るようにしています。汗のベタベタが気持ち悪いので拭き取りタイプで無香料の制汗剤を常に持ち歩いて匂いを感じさせないようにしたり、常に汗に関しては自分で敏感になってしまいます。

外で涼しげに歩いている人が羨ましく思います。汗かきの自分が周りからどう見られているかいつも気になって仕方ないんです。臭くないか、汗いっぱいで気持ち悪く思われていないか、不潔に見られてないか。外出するとそこばかり気になります。

汗を出来るだけかかないように室内でエアコンをかけたまま掃除をしたり、洗濯物を干す時は冷たく冷やしたタオルで肩を覆って身体を冷やしたりしています。出かける時はいつもギリギリまでクルマでエアコンにあたります。車から出ればすぐに日傘を差して出来るだけ日陰を歩くようにする。

風に当たれるようにバックには折りたたみの扇子は夏の必需品です。そうやって出来るだけ涼しくして汗をかかないようにしているんですがかいてしまうとどうしようもないので最終的には着替えを持って出かけるようにしています。

ここまでの苦労を毎年行っているので、いい加減痩せなくてはいけないのかと思い始めてきました。

【汗の役割と汗が出る理由】

最初に、私たち人間がなぜ汗をかくのかを考えてみましょう。そもそも、汗にはどんな種類があるのでしょうか。大きく分けて以下の三つです。

  1. ①温熱性発汗
  2. ②精神性発汗
  3. ③味覚性発汗

このうち、③の味覚性発汗は辛い物を食べたときにかく汗のことです。

辛いもの

それで、今回は①と②の二種類について注目して考えることにしましょう。

温熱性発汗は、運動をした時や暑いときにかく汗のことで、体温を調整する目的があります。

また精神性発汗に関しては、興奮や緊張することによってかく汗であり、特に手のひらや足の裏などといった局所的な汗を指しています。これは、人が狩りをしていたころの名残であるとも言われ、手足を湿らせることで指の感覚を鋭くし、物をつかみやすくするためだと言われています。

ですから、一般的に私たちが言及する汗をかく理由は、自分の体温を調整するためです。

では、汗にはどんな役割があるのでしょうか。

先ほども考えたように、人間は体温を調節する必要があります。なぜなら、私たちはほとんど体温が変化しない生き物(恒温動物)であり、外気温にかかわらず体温を一定に保つ必要があるからです。

中でも、とりわけ脳は非常に繊細であり熱に弱く、脳内の温度が45度を超えると細胞がダメージを受け、私たちは生命を維持することができません。また、体内の細胞や機関を効率よく働かせるためにも、体温を36度前後に保つのが最も良いとされています。

加えて、私たちが活動するためには、体を動かすエネルギーが必要です。そのため、私たちは食物を摂取します。そして、体内では食物を分解・合成していますが、その際には必ず体内で熱が発生します。こうした熱を処理し体内環境を整えるために、汗が非常に重要な役割をしているのです。

ですから、汗は体外に熱を逃がし体温のバランスを取るために、絶対不可欠な存在であると言えます。

手汗で悩むことは多いです。しかし、手汗が発生するのを抑えるツボを知っていれば、日々の生活がかなり楽になりますよ~詳しくツボについて紹介します!